HOME > たいらブログ > アーカイブ > 時事ネタ・真面目な記事

時事ネタ・真面目な記事

1 2 3 Last

ファミマのリストラ大失敗の巻

こんにちわたいらです。

 

昨今大きな話題となっているファミマの黒字リストラについて

できるだけコンパクトにまとめてみたいと思います。

情報の真偽についてはほぼネットにあるものを搔い摘んでいるので

100%ではないですが、そんなにどこもズレが無かったので大きな間違いはないと思います。

ファミリーマートは伊藤忠商事の子会社に

【前提】

・ファミマは2018年に伊藤忠の子会社になっており、経営陣は伊藤忠の出向者だらけ

・2016年にサークルKサンクスと統合し、ファミマの店舗数はセブンイレブンに次ぐ業界2位へ。

 ところが同エリアの食い合い等による不採算店舗の閉店が加速、ローソンに追い越される勢い。

・とはいえ売上5250億円、純利益500億円で黒字は維持できている

 

で、時系列で今回のお家騒動を追っていきます。

 

【一連の流れ】

① 2019年11月に現場40歳、本部45歳以上を対象とした800人枠の早期退職者を募る、と発表。

 2000万円上限の早期退職金、再就職支援等を盛り込む

② 2019年末時点で1100人以上が応募意向を示す

③ 「会社があなたに何をしてくれるのかではなく、あなたが会社に何をできるか考えてほしい」

 とのありがたーいメッセージが社長から社員へ向けてリリース

④ こりゃやべーな、と応募意向者が1500人に増加

⑤ 「いらないヤツだけ適度に辞めてもらおう」という計画が脆くも崩れ去ったため、

 「適用否認」として早期退職金出さないこともあるからね?というしれっと後出しじゃんけん

⑥ 1月28日、募集期間を 2月10日~21日 ⇒ 2月3日~7日 へ前倒し、期間も短縮すると

 しれっと後出しじゃんけん

⑦ 案の定計画的リストラ策であったことを裏付ける社内資料がダイアモンドに流出、2月5日リリース

 対象社員を4段階に分けて応募勧奨していたことが白日の元に晒される

⑧ 早期退職への応募者は忠誠心が低い、との判断の元、現場出向等の降格処分が下るとの

 盛大な後出しじゃんけんの噂

 

ちょっと面白いから公式HPの基本理念から抜粋。

 

あなたと、コンビに、ファミリーマート

 
 

コンビニなのに、ファミリーと名乗ってる。ファミリーマートという名前は私たちの出発点であり、めざす姿です。


レジを打っているストアスタッフも、声の大きな店長も、みんなが一軒の小さな商店を切り盛りする家族のようにつながって。

お客さまにとっては、地域の家族のような存在になりたい。

そう思い描く姿が、この名には込められているのです。


だから、私たちはもっと「あなたと、コンビに」ならなくては、と思います。

この言葉の意味を、今こそ問い直さなくてはと。

ファミリーマートが選ばれる理由が「あなたがいるから」であるように。

 

 

まだ最終的な経営、人事判断が下されたわけではないので数値面では何とも言えない部分はありますが

見事にファミリーの口減らしに失敗したのは間違いないでしょう。

 

①の早期退職者募集については黒字企業だろうが上場企業だろうが昨今は当たり前です。

40歳を超えて会社にぶら下がっている、生産性が低く人件費の重たい社員はいらんよ、と。

 

②で大きく目算を外してしまった。思ってたよりファミリーの血縁関係は希薄だった。

 

③のメッセージについては前後の脈絡がわからないですがファミリーには

「おめーら飯ばっか食ってねーでもうちょっと父さんに楽させろや」に聞こえてしまった。

1100人を800人に減らすためのメッセージに振っていれば・・・

ここがかなり経営側の失態だったように感じます。

 

で④~⑦の通りすったもんだして現在に至るわけですが、

ここまで情報がダダ洩れしてしまった以上⑧の断行は困難なのではないか、と。

 

プロパーのファミリーを中核から締め出して上流階級の愛人をたくさん囲った結果

子供達が親の愛を感じられなくなってしまった、という側面もあるのではないでしょうか。

 

再三私がこのブログでも申し上げていることですけども

「経営」と「運営」はかなり密なコミュニケーションを取らなければ同じ方向を向けません。

 

労働力不足、賃金上昇、eコマースの台頭・・・

当然それらを盛り込んだ上での今回のリストラ大作戦だったのでしょうが

ちょっと経営層が運営側との距離間を測り損ないましたね。

 

今後双方がどのように歩み寄りを見せるのか

はたまたバッサリと切り捨ててしまうのか、要注目です。

 

でわでわ

バカは搾取されるんですか?

こんにちわたいらです。

 

ここ最近ビジネス系ブロガー、YouTuberが多用しているこのフレーズ、

「バカは搾取される」

について私なりの考察をまとめてみたいと思います。

 

並みいるインフルエンサー達がこぞってこのフレーズを持ち出してるわけで、

「個で稼ぐ」とか「マーケティング」とかについては私より2億倍くらい博識でしょう。

ただしその分わしの方がバカに近くてバカの気持ちを知っておるはずじゃ。

 

もちろんバカって何?搾取って何?という定義によりますが

終身雇用、定期昇給が崩壊しつつある資本主義国家において

成果主義でない報酬形態の労働者がジリ貧になっていくという意味では

一理ある。もとい百理ある。

 

終身雇用と定期昇給が前提であっても労働者が搾取されることに変わりはないけど、

ある程度生涯賃金の見込み立つなら文句はない、という人が多かった。知らんけど。

 

今は派遣切りだったり正社員の給与削減、黒字リストラが

上場企業でも当たり前のようになっているわけでありまして。

「頑張っていれば誰かが見てくれている」という脳内お花畑の方々の幻想が

全国各地で儚く散っていっているわけでございます。

 

私自身ついこの間までそうでした。

というよりはそう思わないとやっていられなかった。

 

でも現実を見るとどう考えても自分より優秀だと認める気にならない人や

実質的成果ではなく、自身に対する張りぼての評価を強調したがる人が同僚や上職に山ほどいて

自身のキャリアマップを全力で自分勝手に描いたところで

自分の目指したいゴールがなかったんですね。

 

それでも食べていくには働くしかなくて、

辞めることで無駄にキャリアに傷をつけることも怖くて、

個人で稼ぐことはもっとリスクがあるしそもそもそんなスキルもアイデアもない。

 

サラリーマンにはこんなこと考えたことある人たくさんいると思う。

そういった人達を「バカ」と呼んでいるんだとしたら

とても不本意だし成功者としての立場を利用した配慮の足らない啓発だと思います。

その啓発に乗っかって失敗しても発信者は責任取りませんからね。

 

私は3年以上悩んで個人で稼ぐことに舵を切りました。

その3年の間にこのフレーズに出会っていたらきっと発信者の住所を特定して

玄関にうんこしてたと思いますウソですごめんなさい。

 

自分がバカでないことを証明するための闘いを始めて2年目ですが

やはりそれなりの覚悟、準備とリスクマネジメントは不可欠です。

優秀な成功者達の刺激的な扇動にひょいひょい乗っかることはお勧めできません。

 

ただし現状を嘆いて喚いて他人に向かって吠え散らかしてるだけでは

「バカ」と呼ばれても仕方ありませんので、

よくよく足元を見て然るべき計画を立てた後、行動に移しましょう。

 

うわーおもんな笑

でわでわ

パワハラとは何ぞや

こんにちわたいらです。

 

別に大して噂にもなっていないのですが、

2020年6月からパワハラ防止法が大企業を対象として施行されます。

で、2022年4月からは中小企業も対象に含まれるようになる、と。

 

「パワハラ」というのは本当に苦しんでいる人がいる一方で

「パワハラですよー」なんて軽率にキャンキャン吠えるヤツもいる。

いずれにしてもすごく身近なワードであるにも関わらず

さほどこの法律の施行に関しては話題に上ることがない。気がします。

 

パワハラ防止法ではパワハラを以下のように定義しています。

(1) 優越的な関係を背景とした
(2) 業務上必要かつ相当な範囲を超えた言動により
(3) 就業環境を害すること(身体的若しくは精神的な苦痛を与えること)

もちろんコンパクトにまとめることが主旨なので十分とは言えません。

一応この限りではないとしながらも具体的な例として以下のような指針も出ています。

④⑤に関しては首をかしげる部分もありますが他は至って当たり前の内容ですね。

そしてこれでももちろん情報としては不十分です。

 

問題なのはまず罰則規定がないこと。

パワハラであるかどうかをジャッジする自浄作用の発達プロセスを強調していないこと。

 

前者については大して面白くないし既に多くの人が問題視している部分なので

ここではあまり語らないでおきます。

 

 

私がこれまで勤めたり関わってきた企業の中でも多くのパワハラ、

もしくはそれと疑われるケースを見てきました。

一方で自称パワハラ被害者の甘えた言動も見てきました。

 

本質的にパワハラであるかどうかを見抜くためには当該言動の目的を見極めることが重要です。

個人的な意見に過ぎませんがこういった定規の必要性が軽視されている気がしてなりません。

 

自身のポジションを上げる、または対象のポジションを下げることが目的である言動は

表現の如何を問わずパワハラに該当すると考えます。

 

労働者が生産性向上、目標達成を目的として法律、職務規定の中で使用者に対し

何らかの要求をすることはパワハラに該当しないことも労使間で共有すべき認識です。

が、こちらは表現方法がデリケートだとは思います。

 

どうしても報道され話題となるのは過激で凄惨なケースなので労働者側寄りの意見が目立ちますが

使用者が労働者に成果を求めること自体は至って当然です。

 

従って上記のような動の目的に主眼を置いた解釈を労使間で議論し、社内で広く告知し、

パワハラに該当するか否かのジャッジが円滑に行われる風土が醸成されるまでの

プロセスをより企業に対し具体的に示すことが肝要、いうのが私の考えです。

 

 

上の表にあるような「過大な要求」「過少な要求」については

既述の目的にフォーカスする、という過程において選別されます。

 

私自身のつたない経験談ではありますが、

1週間かけて上司と密に連絡を取りながらクライアントへの重要な提案資料を作成した挙句

提案前日夕方に上司と先方の電話連絡でイメージの乖離が明らかになったことがありました。

 

上司からの指示は「今日中に資料作り直せ。」

そして上司はのうのうと定時に帰っていきました。

 

これってパワハラにあたると思いますか?

 

私はパワハラではないと断言できます。

そりゃがっかりもしましたし、もうちょっと前もって

先方と擦り合わせできなかったのかとは思いましたけど。

明日のプレゼンに間に合わせるという明確な目的がありますから。

 

やるしかないので「今日帰りタクシー使わせてください」って許可取って

午前4時まで資料作って「10時に出社しますので事前にお目通しください」って置手紙しました。

 

念のために言っておきますが、これが頻発したり残業代が出ないなら問題です。

ただしパワハラではなく上司のマネジメント能力と労基の問題です。

上司とのコミュニケーションが円滑に取れていない場合、

労働者が主観的に「パワハラ」というパワーワードで蓋をすることが多い実態もあります。

 

セクハラに関しても同様で、部下とのコミュニケーションが

円滑に取れてないのに勘違いして肩叩いたり食事に誘ったりすると

労働者が主観的に「セクハラ」というレッテルを貼ってくるわけです。

 

本来これらが労働者の主観のみであってはなりません。客観的にそして

本質的にパワハラであるかどうかを見抜くためには当該言動の目的を見極めることが重要です。

はい、既述ですが。

 

所詮は労使間のコミュニケーションと能力の期待値、実態評価の乖離に帰属しますので

これらの改善に向けて双方から歩み寄れる環境作りが企業の必須命題と言えるでしょう。

 

本当の被害者の方を想うと「パワハラ」という言葉が先に立ってしまって

あれもこれもパワハラじゃないかと問題の本質がボヤけてしまうのは嘆かわしいことです。

 

しかしこうなってしまった以上、労使共に自身の身を守るため

言葉と実態の認識を共有し、生産性とコンプライアンスの両立を目指していきましょう。

 

 

でわでわ

コロナウイルスに関する情報の真偽について

こんにちわたいらです。

 

今月に入ってからコロナウイルスについてそれはそれは多くの情報が出回っております。

武漢で初めて感染者が発見されて一カ月くらいかな?日本にも入ってきてしまいました、と。

 

でそこに便乗して自身の思想的、経済的な目標達成のために

たくさんの人たちが推論、暴論、ウソを拡散している。ように見えます。

 

よく見かけるのが実は感染者数は二桁くらいサバ読んでるんじゃないかとか

生物兵器なんじゃないかとか、マスクで防げるとか防げないとか。

アホなふりしてこれらに釣られると盛大なサムネ詐欺やタイトル詐欺で

中身がすっからかんのSEO対策でしかないことがよくわかります。

 

それでは何が有益な情報なのかというと、

①どうすれば自分や周囲の人間の感染リスクを低減できるのか

②感染した場合どういった症状がでるのか

③万が一自身に感染の疑いがある場合どういった対応が適切なのか

この3点に尽きると思うんです。

 

陰謀論とかオリンピック、景気への影響とかを酒のつまみに社会派ぶるのも大いに結構。

ただしそのへん語る前に基礎知識がもっと拡散されるべきだと思うんですよね。

以前衛生管理の所轄部署にいたこともあるんですがびっくりするほどみんな事実を知らない。

ノロウイルスなんかはほとんどの人が間違った認識をしてると感じています。

 

 

①どうすれば自分や周囲の人間の感染リスクを低減できるのか

手洗い、アルコール消毒の励行です。うがいはおまけ。NIPPONの伝統芸能。

ヒト⇒ヒトの接触感染、飛沫感染がメインルートなので

外出をしない、人混みを避けるというのもみんなが意識すれば有効でしょうが

あまり現実的ではないしこれ以上GDP下がったらウイルスより不幸な人が増える気がする。

俺社会派だからさぁー、俯瞰的に物事見ちゃうんだよね(チラッ

マスクは自己防衛手段ではなく自身からの感染拡大を防ぐためのエチケットです。

感染拡大に有用であることには違いないので勘違いしといてもらっても良いわけですが

感染してもマスクを恨むなよ、と。手洗いとアルコール消毒を怠るなよ、と。

 

②感染した場合どういった症状がでるのか

咳、くしゃみ、嘔吐、発熱。

あんまり風邪と大差ないので自覚しにくいんですよね。

最大2週間の潜伏期間があるようなので家族等に感染者が出た場合は

自身が不顕性ないし健康保菌者かもしれないという自覚も必要。

 

③万が一自身に感染の疑いがある場合どういった対応が適切なのか

これも非常に誤解している人が多いのですが、病院には行くな、が正解。

体力、免疫力の弱い方が集っている場所にウイルス患者が行くのははた迷惑もいいとこ。

ノロと同様にウイルス感染しているかどうかの正確な判断はなされません。特効薬もありません。

所感の保健所に連絡して指導を仰いでください。

 

 

はい、というわけで都市伝説や妄想論に励みたい方は

ここらへんの情報をきちんと抑えてからにしてください。

 

都市伝説や妄想論に励んでる方を見かけた際は

これらの基礎知識を有しているか確認してマウント取ってください。

 

性格悪すぎな笑

でわでわ

 

「怒り」と「イライラ」の発生源

こんにちはたいらです。

 

この話は何回か仕事でもお酒の席なんかでもしているので

あーこれ聞いたわwって人は恥ずかしいのでそっ閉じしてください(〃ノωノ)

 

なお私は心理学者でもメンタリストでもないただの根暗なので

エビデンスとか信憑性とか問われても知らんがなで終わりますから

そこはご理解ください。ただ過去そこそこの人数に刺さってます。

 

怒りとは「理解できないことに対しての鬱憤をを外向けに発信する行為」です。

ここまでは心理学の本買えば2ページ目くらいに書いてあります。

以降は私自身の見解とか対処法になりますのであしからず。

 

なぜ「怒り」「イライラ」を別で定義したかというと、

怒りとはヒトやコトなど輪郭の鮮明なものに対する感情

イライラはもっとふわっとした環境とか現象に対して発生する感情だからです。

「きめつ 怒り」の画像検索結果

だから怒りはその矛先となる対象がどのような心理、プロセスでその言動に至ったかを

分析することができれば絶対に発生しません。

そういう意味で私は怒ったら負けだと思っています。

自分の分析力、論理的推察力が至らなかったことを自分で証明してるわけですから。

 

そう簡単に負けを認めるわけにはいかないので怒ることはほぼないですが

たまーに「どしたの?なんかあったの?」みたいに言われて

「あ、イライラしてたかもしんない」って我に返るのと同時に

僕この人には心を許してるんだなぁ甘えてるんだなぁってきっしょいこと考えます。

 

結構斬新な意見だなぁと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

人は本質的ないし潜在的にはこのことに気づいています。

その証拠に怒ってる人に「怒ってるの?」って聞くともっと怒ります

「怒ってねーし!!」って。めっちゃ怒ってるやん笑

 

稀に(よく)見かける「あーイライラするわぁ」って自分で言っちゃってる人。

これは最上級におバカさんで自己顕示欲が強くて迷惑な人ですね。

逐語訳すると「何に対して何の理由かもわからないけどご機嫌斜めだから気を遣ってね♡」

ということになるのであまり関わらないようにしましょう。

 

自分やまわりになにかしらの不利益や嫌悪感が生じた時に、

「なぜこの人はこの言動に至ったんだろう」

「どこからどんな力が働いてどんなプロセスでこうなったんだろう」

と自分で考える癖をつけたら怒る回数は各段に減ります。

 

怒ってる人を見かけたら「あの人はこう考えたんだよきっと」って教えてあげる。

鎮めるのが最優先であったらそこに一言「バカだよね」って付け加えてあげる。

その人に成長してもらいたいんだったら「ちょっと大人になって冷静に考えてみなよ」って具合。

 

で、当たり前なんですけど議論することや叱ることは怒ることと全く別です。

そして怒りの感情を理性で封じ込めることは人として魅力的でないと捉えられる可能性があります。

 

暴走モード突入で痛い目に会いたくないんだったら

大人としてある程度必要なスキルだとは思いますけどね。

 

でわでわ

1 2 3 Last

« マニュアル・資料関連 | メインページ | アーカイブ | 趣味・不真面目な記事 »

このページのトップへ