2020年1月

メニュー名称について 改

 こんにちわたいらです。

 

これ有料コンテンツにしてもおかしくない極秘情報なんですけど

私は水曜日と土曜日に洗濯することが多いです。

ひゃっ!!はずかしっ!!(〃ノωノ)

 

肝心なのはなぜ水土なのかということですよ。

土曜日の日中暇してて水曜くらいに洗濯機いっぱいになるからですよ。

じーつに理にかなっていると思いませんかどーでもいいですかそうでしょうそうでしょう

 

先日洗濯機に余裕があったから私ったらシーツと枕カバーも放り込んだじゃないですか。

んで夜寝る前に寒そうに横たわってる枕に服着せてやろうと思ったら見当たらないんですよ。

畳んで収納ゾーンにも部屋干しゾーンにもない。

皆さんご存じでしょうがうちには枕カバーが2枚しかないので死活問題です。

 

タオル巻いて寝ろや

 

そう思った貴方、二流ですね。何が理由で何の二流かはわかんないけど二流です。

私は三刀流で探しましたよ、背中の傷は剣士の恥ですから。

 

「ひょっとしたら枕カバーを洗った時点でネクストバッターズサークルに・・」

これぞまさにコペルニクス的発想の転換ですね。

案の定掛け布団の折り目に潜んで彼は虎視眈々と出番を待っていました。

無茶しやがって・・

 

ここでこの話は決着したかのように思われるでしょうがそうは問屋が卸しません。

貴方タオル巻いて寝ろって言いましたよね?

もししぶしぶタオル巻いてたら寝ようとした瞬間に枕カバーとこんにちはしてたんですよ?

洗い立てのタオルが汗と涙と耳垂れと鼻水まみれの枕に巻かれた刹那、

お役御免を食らって洗濯機に直行してたわけですよ?

 

タオルに謝ってもらうまで私はここを動く気はありません。

 

というわけで元々動く予定もないので本題に入りたいと思います。

タイトルに改ってついてる通り2回目なんですよこれについて書くの。

なんでかわからないんですが、本題に入った後の記事が全部消えとった・・・

 

2013年だったと記憶しているのですが、食品に関する不正表示が世間をざわつかせました。

バナメイを芝エビと表記したり、牛脂注入肉をステーキとして表記してたやつです。

当時私はこの件で針のむしろになっていたホテルレストランの統括部門におりまして

自社の景表法違反に抵触する恐れのある表記について過去3年くらいまで遡って調査するという

それはそれはクソしょうもない業務に途方もない時間を持っていかれました。

 

バナメイの芝エビ表記や外国産のロブスターを伊勢海老と表記するのは

そりゃまぁやっぱりダメだと思います。絶対バレないけど。

 

当時調査していてに印象深かったのが

冷凍マグロを含むお造りを「鮮魚の刺身」等と表記してはならない

伊勢で水揚げされていない伊勢海老は「イセエビ」とカタカナ表記でなくてはならない

とかこのあたりですね。

 

今だから言えるけどアホかと。

そりゃバレないのをいいことに優良誤認を招く表記はダメなんですが

一般消費者が何とも思わないレベルの表記をマスコミや政府が掘り起こして

弱者側に立って悦に浸ってる感じがすごく胸糞悪かったです。

 

リテラシーの低さを恥ではなく怒りに変換するファンクションとして

消費者庁が機能していたように感じます。

 

「ここの合鴨のローストは絶品なのよぅ」

なんていいながら訳わからんオーガニックワイン飲んでアヒル食ってんでしょうね。

 

繰り返しますが過度な優良誤認を生じさせる表記は絶対にあってはなりません。

ただし悪意なくシズル感のあるメニュー名を考案し

お客様の期待を上回る料理を提供しようという料理人の志が踏みにじられたという側面もありました。

 

飲食店は日々魅力的なメニューとその名称を考えています。

 

「カルボナーラ レモン風味」

「濃厚チーズクリームパスタ 瀬戸内産レモンの香り」

同じ画と同じ値段ならどっちが食べたいですか?

 

「イセエビ雲丹焼き」

「伊勢海老雲丹焼」これも明らかですよね。

日本料理、懐石料理なら致命的です。

 

八百屋に「レモンは瀬戸内でお願いね」って言ってたけど

一日だけ「今日はレモン静岡になっちゃいました」なんて余裕であり得る。

言ってくれる八百屋はまだ良心的でしょう。

その日だけメニュー書き換えたり、ご注文時に「本日はレモンが静岡産です」って

一言添える必要なんてあるんですかね?

ここについては私自身正解が掴めません。

 

伊勢海老についても東京で出すなら外房の方が活けとかコンディション良いものが

提供できると思われますが、イセエビって書かなきゃダメなんですよね。

絶対いややそんなん・・・

 

この問題に関しては一定周期で同じことが繰り返されると思います。

情弱が良心的でない店に騙されてむきーってなって

政府がピシャっとやって飲食全体がしゃんとして。

 

今後マスメディアが一層弱体化していくとなると

歯止めが利かなくなる恐れはありますが、

消費者の知識と飲食店の良心が相互に良い方向に向かうことを祈りましょう。

 

でわでわ

起業から一年経って思うこと

こんにちわたいらです。

 

昨年末に起業して一年が経ちました。

振り返って見ると本当に思うことはたくさんあるのですが

何年後かにこの記事を読んで感傷に浸る自身を想像しながら

エッセイ風にダラダラ書かせてくださいよ。

 

良く聞かれるのが「なんで前の会社辞めたの?」ってことなんですが

別に前職に大きなストレスを抱えていたとかではないんです。

完全に勘違いですけど少なくとも最後の2年間くらいについては

「あいつは丸投げすればある程度形にするヤツだ」

くらいの評価はもらっていたと思います。

最後の1年なんかインド人もびっくりの高査定いただいたなぁ。

 

ただやっぱりある程度歴史のある大きな会社だったので

なんやかんやイノベーティブなことには後ろ向きだったり

他人の成果のために中身の無い仕事をしなくちゃいけないシーンが多くてですね、

幸い嫁も子供もおらんしちょっとチャレンジしたいなって魔が差したわけです。

 

で、ここからは自慢話になるんですけど

私の両親が私に対して莫大な教育費を投資してくれたおかげで

相談できる優秀な友人がたくさんいました。

 

と、ここからは自慢話になるんですけど

普段は下ネタと他人の悪口以外は一切口にしないんですが、

本当に悩んでいる人や困っている人の相談にはできる限り応えてきました。

 

↑ フォント強くするとこ間違えた。

 

その甲斐もあって、なんとか1年乗り切ることができました。

私の場合、起業が完全に人脈依存だったと思います。

まだ早いですが支えてくれた多くの方々に本当に心から感謝しています。

 

これからは皆様に恩返しができるよう、

もっとオープンに、もっと丁寧に、そして倫理観を忘れずに

事業を成長させていきたいと思っております。

 

私の武器は「あやふやなアイデア、イメージ、ルールを具体化する力」だと思っています。

そして運営会社の現場と本部にいた経験から、

「経営と運営の双方の視点から価値のあるマニュアル作成」

に取り組んで参りたいと思っているとかいないとか。

 

お、ねだん異常 たいら

 

↑ 漢字間違えた

 

反省点を挙げるならば、やっぱり売り物に対して考える時間が長くて

販路拡大について無計画過ぎました。

もっとたくさんの方々のお役に立てるよう飛躍の一年にしていきたいと思います。

 

でわでわ

たいら流 資料の書き方

こんにちわたいらです。

 

お知り合いの方から先日資料の作成方法について教えて欲しいと言われたので

しぶしぶここに書き連ねたいと思います。

あくまで私自身のやり方、考え方なのでこの通りやって怒られても知らんけど

少しでも参考になれば幸いです。

 

大きく分けると資料の種類は3種類かな、という気がします。

①ブレスト用資料、議事録

②社内根回し、リリース用資料

③社外への提案資料

上記3種類に分類されない資料もそりゃたくさんあるんですが

①~③の資料作成のポイントさえ押さえていれば応用が利くはずです。

 

①ブレスト用資料、議事録

これは社内外問わず作成する機会があるかと思います。

とりあえず顔合わせと下打合せしましょうよ、くらいの段階で使用します。

なので中身はスッカスカで良いんです。10分で作れる。

手元に何もないとフワーッとした理想論とかで終わってしまう可能性があるので

テーマを4つくらい決めておいて5行ずつ改行するようなイメージです。

「メモ紙程度にお使いいただいて結構です」みたいなこと言う。

 

私の場合は会議日時や場所、参加者をいれておいて

後日そこに話したことを放り込んでそのまま議事録として共有します。

 

②社内根回し、リリース用資料

こいつだきゃ本当に時間の無駄なんですが

サラリーマンは今日も資料のための資料のための資料を作る・・・。

もちろん風通し的な部分の社風であったり内容によって在るべき姿は異なりますが

たぶんこの作業から逃げ回ってるといつか無能認定を食らいます。

 

やたらと場当たり的なハプニングには自己犠牲も厭わず立ち向かうくせに

計画的に何かにコミットするためのプロセスをゼロから構築し、

スケジュールと予算をゴールから逆算して可視化することができるかどうかは

この資料の作成能力で評価が大きく分かれてくる、というかこれでしか測れない。

資料サンプル.png

②と③は基本的には作り方やコツは一緒なので③に回します。

②に関して特に大事なことは、「程よい見た目と体裁を整えること」ですかね。

文字の書き出しは左で揃えるとか、可能な限りドキュメントや表に落とし込むとか。

 

③社外への提案資料

②はExcel、Wordでペラっと作れば良いのですが

社外向けの場合はさすがにPowerPointメインでパリッとした資料を作れないと厳しいですよね。

②でも触れましたが作り方、コツについては社内の根回し資料とかと一緒です。 

 

「何のために、何を提案したいのか」

私はまずこれを最初に持ってきます。ここでぐっと興味を引けるコピーを考えます。

 

「基本的な考え方」&「現状の問題点、改善策」

どういった背景があってどんな問題が発生しているのか。

そしてその解決に必要な処方箋はどういったものを考えているのか。

このベースとなる論点を共有します。

 

「具体的なプロセス」

ここで始めて方法論です。問題解決、改善に必要な手法についてプレゼンします。

相手側に協力を求める場合も多いので、同時並行的にイメージしてもらえるよう

できるだけ文字を控え、画で説明するよう心掛けましょう。

 

「スケジュール、費用感」

費用感については宗教上の理由からお伝え出来ないシーンもあるかと思いますが

スケジュールについては一旦のこちら都合の叩きでもいいから見せる方が吉だと思います。

 

ほとんどの場合以上の4点をストーリー立てて資料を作れば

そんなに支離滅裂なものにはならないはずです。

 

もし参考になったと思ったら高評価ボタンをクリックしてください。

まぁ無いんですけどね。

 

ではでは

 

サービス業における省人化、省力化

こんにちわたいらです。

サービス業や建設業における人手不足が叫ばれるようになって久しいですが

先日以下のようなデータが発表されました。 

 

↓帝国データバンク「人手不足倒産の動向調査」

http://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p200104.pdf

 

ことサービス業について言えば2019年は前年比30%増の54件に上っています。

しかもこの数字は1000万円以上、法的整理のみの倒産件数ですので

文字通り氷山の一角であると言えます。

 

いかに人材の確保と定着が困難な状況であるかがわかります。

その上で政府は「働き方改革だーっ!!」て拳をかかげながら

対象となる現場は「現状で人手が足りないのに個人の負担を減らせって?」

何言ってんだこいつみたいなことになってるわけですね。

 

私の知っている運営業を営む企業においても採用と定着に苦労されていて

応援勤務の調整に走り回ったりマネジメント層が現場に入ったりしているケースも

かなり頻繁に目にします。

 

サービス業の現場と政府の方針を埋める手段はひとつしかありません。

タイトルにある通りの省人化、省力化です。

そのために必要不可欠なことが、やらないことを決めること

もう少し踏み込むと、やらないでいいよって経営層がトップダウンで指示を出すこと

 

営業時間の短縮や休業日の設定がそれにあたるわけなんですけれども

テナントで入っている飲食店や福祉・医療関係はそういうわけにもいきません。

じゃあどうすればいいのさってなりますよね。

 

まずハード面で一定の改善が見込まれる場合があります。

ピーク時に洗いまわす必要がない数量の什器を用意したり、

下膳口に十分な広さやスタッキング機能を持たせたり、

券売機やICチップ、電子決済も有効でしょう。

 

そんな予算はどこ探したって見当たらねぇし、

そもそもうちは運営受託だから資産持てねぇよ、どうすればいいのさってなりますよね。

 

となるとやはり一人当たりの運営効率、生産性向上を通じた省人化、省力化以外ありません。

やってもお金にならない作業、サービスを断捨離していく、というプロセスを

企業のトップ発信で断行していく覚悟が必要となります。

 

具体的なイメージで言うと

・ランチ後の床清掃は行わず、目視によるチェックのみとする

・ラーメン屋さんにおいて下膳とテーブル拭き上げをお客様にお願いする

・グラスワインをテーブルで注がず裏で注いで持って行く

・中間バッシングの負担軽減のため専用ワゴンを設置してお客様による下膳を促す

 

安全衛生面についても同様で、食品事故の発生率を0.01%から0.005%に軽減するために

どれほど生産性向上が阻害されるかを企業としてジャッジすべきです。

私の見てきた現場ではHACCP水準を名乗る企業にいる現場の調理人が

「HACCPって何?食べれるの?」くらいのレベル感の場合も少なくありません。

 

HACCPやISOはコンサルの売り物としての利権が渦巻いています。

 

社内研修や現実的なマニュアル(レシピ)作成の方が

よっぽど食品事故の発生率を下げられると自信を持って言えます。

念のためですが法令を遵守しなくて良いという主張ではないのであしからず。。。

 

PDCAがどうとか、SWOTがどうとか、

「とんでもございません」は間違った日本語ですとか、

そんなどうでもいいこことドヤ顔で言ってくるコンサルにお金使うくらいなら

私に省人化、省力化目線を持ったマニュアルを作成させてください。

 

30分以内のお申込みでなんと90%OFF!!(定価2億のところ)

 

嘘です。ご相談お待ちしております。

taira.nakamura@a-tempo.co.jp

男性のカラオケ事情2020

こんにちわたいらです。

内緒にしてたんですが私は歌うことがとても好きです。

いつでも全力を出せる唯一の趣味です。

逆に全力を出せないシチュエーションだと歌うことを拒みます笑

 

特段音楽活動を行っていないため、人前で歌うのはカラオケくらいなわけです。

気の知れた仲間でカラオケ行くのであれば周囲の需要も認知もへったくれもなく

ただ自分が気持ちよくなれる歌を歌えばいいわけなんですけれども

そんなケースの方が稀なわけでありまして。

 

ちょこっとだけ専門的な話をいたしますと

原キーじゃないと気持ち悪い、許さないってめんどくさい人いるじゃないですか。

まぁわしもなんやけどな。他の人に強要はしないですよ??

 

相対音感以上を持っている人は原キーに一定のこだわりを持っているはずです。

基本的な3度のコーラスがとれる人は相対音感を持っていると思って良いと思います。

絶対音感て言葉良く聞くと思うんですけど本来の言葉の意味で言うと

「はい!C(ド)の単音!」て言われてポンって発声できれば絶対音感です。たぶん。

 

ただし上記の絶対音感をレベル3とすると、

スネアのピッチを空でA♯にチューニングできる人はレベル28、

ギターの和音を聞いて「C7sus4onEだね」って答えられる人はレベル37、

チューニングがズレたギターの「〇弦が1/16くらい高いね」って答えられる人はレベル41。

ここら辺までくるとラスボス倒せます。

 

レベル30を超えるあたりから「感覚」に「理論」「知識」が必要となるので

やっぱり「音感」という言葉は単音拾えるがどうかだと思うんですけどね。

 

ええ加減本題に移りましょう。この度の企画は

昨今のカラオケ市場で「歌ってぇ~」て言われるアーティストと

原キーで歌う際の難易度をセグメント分析してみた

ピックアップされているアーティストはそこらへんの

女性が歌って欲しいアーティストランキングから拾ってきました。

 

当たり前ですけどただのおっさんのただの主観なので

参考にするもしないも同意するもカチンとくるも貴方の勝手です♡

 

歌.png

①back number

昨年頃まではぶっちぎりのド安定ポジションに君臨していましたが

若干足元が緩んできている感じ。

メロディーラインが動くしキーも高めで上手かそうでないかがバレやすいです。

 

②RADWIMPS

比較的キーも落ち着いているしメジャーな曲はテクニック不問。

ただしミクスチャーっぽい一部の楽曲では鬼の聞き込み作業とブレスの決め打ちが必要。

おしゃかしゃまとかね。

 

③ケツメイシ

横乗り唯一のランクイン。

ただ歌うのは簡単。ただ歌ってるヤツは聞くに堪えない。

 

④菅田将暉

お前について語ることは何もない。

俺の意思と交わることはない。

 

⑤WANIMA

原キーで歌ったことのある方ならばわかるでしょう。やべぇ。

歌ってって言われて全力を振り絞って燃えカスになった挙句に

周囲にドン引きされるという地獄絵図が待っている。

 

⑥スキマスイッチ

1回聞いたら乳幼児でも歌える。

いや馬鹿にしてるんじゃなくてそれだけキャッチーなメロディーに

丁寧に言葉を乗っけているという話ですよ。

 

⑦BUMP OF CHICKEN

ネット住民に何故か絶大な支持を得る彼らの楽曲は年々ピコピコキラキラ化しているが

未だにoh yeah hey ahanを超えるカラオケ向き楽曲は誕生していない。

まぁそこらへんが人気なのかも。「売り物は世界観です」(ドヤァ

 

⑧米津玄師

今カラオケ市場は彼の独壇場と言っても良いのでは。

いわゆる楽器的な歌い手さんと思いきやしばしばフリッカージャブを打ってくる。

結果リモーネとアイネクライネしか歌われないという現実。

 

⑨official髭男dism

女性音域でのミックスボイスとファルセットの明確な使い分けと

悪意に満ちたピアノと歌のリズムの外し方、

あと息の混ぜ方とエッジボイスさえマスターすればド楽勝。

 

⑩Mr.children

若干キーが高めだったりするのと言葉の置き方の癖がつえぇ。

同行者の属性を問わないユーテリティでは堂々の第1位でしょう。

たぶんのべ2000回くらい歌ってる気がする。

 

⑪King Gnu

これなぁ。一人ではどう歌ってもカッコよくならんと思われ。

歌ってって言われて戸惑うランキング堂々の1位。

 

⑫レミオロメン

こなあぁぁぁぁぁゆきぃぃぃぃぃを腹から歌い切って

最後だけファルセットで置きに行く。これさえできれば何も怖いものなどない。

 

⑬秦基博

楽曲によって難易度が大きく異なるものの相対的にはこのあたりかな、と。

緩急つけてエモーく歌えるかどうかが肝要。

 

⑭Mrs.GREEN APPLE

ゲス極からのカナブンからの彼らですね。ドロス君もこの流れかな。

本当にテクニカルだしメロディも豊かなんだけれどももし歌ってーって

今後言われるようなことがあれば私は彼らを告訴します。法廷で会いましょう。

 

⑮ONE OK ROCK

言わずと知れた日本屈指のハイトーンボーカリスト。

8割の力じゃ歌えないし仮に歌えたところでサブい。

周りのテンションが高くないと歌いきるまでにメンタルが燃え尽きるという困ったちゃん。

 

 

図らずもLDH系とジャニ関連が出て来なかったんだが?まぁいっか。

常々思っているんですが歌いやすさと認知度がええ感じの男性アーティスト少ないですよね。

グラフの右側が賑々しくて真ん中あたりの層が薄いの。

 

私はひげだんとWANIMAが両方歌える賢者になりたくて

日々ダーマ神殿に通っているLV.2の遊び人です。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

でわでわ

メニューの名称について

こんにちわたいらです。

ちょっと前だけどお雑煮つくったよ

おぞうに.jpg

いやぁ、大変だった。二度とこんな気合入れることはないでしょう。

食に携わる仕事が長いこともあって5年に3回くらいのペースで

「お雑煮の田舎味噌 VS 白味噌 VS おすまし論争」

に巻き込まれます。どっちゃでもええやろそんなもん。好みと出身地や。

 

ちなみに私はお餅をちょっと焦げるくらい焼いてから入れたい系男子です。

ただし味はお出汁がガツンと利いたおすましタイプ推しです。

おすましにするとお餅のおこげが美しくないので結局甘い白味噌をちょびっと入れる系男子です。

 

ちょっと話変わりますが①から揚げと竜田揚げの違いとか

②フィナンシェとマドレーヌの違いとか何度か説明を求められたことがあります。

ざっくり言うと①は衣がねりやか粉かの違いで

②は卵白か全卵かの違いになるという説明がたぶん一般的なんですが

発祥が違うので違いだけを説明することが難しいし危険なんですよね。

アーモンド風味のマドレーヌとか言われたらもうパンデミック。

偉そうにいっておきながらそこまでの説明は空ではできないんですけども。

南蛮漬けとエスカベッシュなんてもはや同じものですしおすし。

 

うわぁ、、この後1000文字くらいガチで消えとる・・どこいった、、、

同一労働同一賃金の謎

こんにちわたいらです。

 

今回は昨年中頃からにわかにざわつき始めた

同一労働同一賃金の謎についてできるだけ小難しい話を抜きにして取り上げてみたいと思います。

派遣会社による派遣先均等・均衡方式と労使協定の選択というさらにややこしい話があるのですが

ここでは触れないでおきます。

 

とは言え多少はちゃんと調べておかないと赤っ恥をさらすことになると思い

厚労省のHPでしぶしぶガイドラインを読んでみました。以下原文。

 

このガイドラインは、正社員(無期雇用フルタイム労働者)と非正規雇用労働者(パートタイム労働者・有期雇用 労働者・派遣労働者)との間で、待遇差が存在する場合に、いかなる待遇差が不合理なものであり、いかなる待遇差 は不合理なものでないのか、原則となる考え方と具体例を示したもの。

また

基本的に、労使の合意なく正社員の待遇を引き下げることは望ましい対応とは言えない。

とも書いてある。

なるほど、正社員と非正規雇用労働者の待遇格差を是正するために非正規雇用労働者の

待遇を上げてほちぃなぁ・・というわけですね。

できるわけないじゃんそんなの笑

財源なしに賃金の総支給額を上げろと言われたらgoogleでもOK言わんやろ。

 

実際日本郵政やNTTは正社員の手当の減額も含めた方針を打ち出しています。

どちらもインフラ関連企業なわけでどれだけ内部留保を確保したところで

目まぐるしい世の中の変化に対する不安があることは理解はできます。

ただし今回の法改正に起因する手当減ではないと言い張っているようです。

 

ここら辺について詳しく解説している記事やYOUTUBEがいくらでも転がってるので

よかったら一度見てみてください。

 

そもそもは専門性の低い製造業等まで派遣の形態を認めてしまったことで

非正規のまま低賃金で長期雇用されることが問題視されてきたわけです。

私は現職のクライアントや前職含めてサービス業等の非正規雇用者、特に派遣労働者に関しては

むしろ人件費が高いという認識があるのでそこについて労働局に問い合わせてみました。

 

質問が取っ散らからないように

「派遣労働者と他の雇用形態の間で待遇の格差が問題となった場合には

派遣先は『派遣元に問い合わせてくれ』で逃げられるのかい?」

この一点についてのみ聞いてみました。すると担当者が

「需給調整事業第二課に問い合わせてください」

という切れ味鋭いお役所仕事のテンプレートで切り替えしてきました。で、そこに問い合わせると

「そう言わざるを得ないですよね、ただしこの一年間は様子見になると思います。」

とのこと。かなり搔い摘んだけどこちらの担当者は丁寧に説明してくれました。

冒頭の労使協定を選択した場合・・のような話もやはり出てきました。

 

私個人の経験で言うと、直接雇用のパート・アルバイトの採用がうまくいかなかった時の

リーサルウェポンとして派遣労働者を派遣元の言い値でしぶしぶ雇用する、というイメージです。

でもって派遣先は派遣労働者が派遣元からいくらもらってるかなんて把握してないわけです。

 

やぶへびですが、今回の法改正の趣旨からするとそれはアカン、となるはず。

先ほどのお役所担当者に対して

「今後は派遣労働者の賃金を派遣元、派遣先で共有した上でマージン率を設定するような

契約が望ましいとされていくんですかね」

みたいなこといったら「せやねん」って言ってました。

なら労使協定なんて認めなければいいのに。

事業所と派遣会社が契約書を巻いている場合や

多数事業所を抱える運営会社と派遣会社が包括的に契約書を巻いている場合があります。

そこらへんを交通整理しながら後ろ指刺されないようにするのは途方もない無生産な作業ですね、、 

 

現状でもサービス業は最低賃金の急上昇で悲鳴を上げています。

とはいえ人はどんどん減ってくので採用かけなければいけません。

その際は最低賃金ではうんともすんとも言わないので多少上乗せします。

すると新人スタッフが既存スタッフより時給が高いというミラクルが発生します。

場合によっては既存スタッフの分まで上げる必要がでてきます。

 

そこに追い打ちをかけるように「非正規雇用労働者へもボーナス、手当を支給しろ」

との天の声ですからもうどうにもならないですよね。

 

厚労省の言う不合理な待遇差なるものがどこまで寛容さを見せるのか、注目です。

実は私はこの指針に対しては概ね反対、というか納得できてないんです。笑

官僚や親会社からの天下り、出向にも世間の目が向いていくことはあるのか。

このあやふやで複雑なルールを中小企業の経営者がきちんと咀嚼できるのか。

加えて私の専門としているサービス業においては無期雇用である正社員になる覚悟に対して

対価を支払わなければ離職率の低下、定着率の向上が見込めないと考えています。

 

普段からMFを務めているA君とB君だけど実はA君はFWもDFもできる。

この場合のA君がB君より給与面での待遇が良くなる、そういった視点なら大賛成ですが。

 

今回の法改正の裏には生産性の向上という目的をはらんでいるのでしょう。

いずれにせよサービス業は放っておいたらどんどん人がいなくなります。

ローコストオペレーションは業界の必須課題となります。

RPAやAIに活路を見出すにしても、その土台となるルールやマニュアル整備にできる限り

早めに着手することが企業の生き残りを分けると考えています。

 

ご意見感想等ございましたら下記まで♪

taira.nakamura@a-tempo.co.jp

マニュアル作成の流れ~飲食店編~

 こんにちわたいらです。

 

ローランドさんっていうカリスマホストいるじゃないですか。

今はプレイヤーというよりもホストクラブ等の実業家として

様々な分野に出資したり経営したりしているようですが。

 

まず予備知識として、ローランドさんはとてもユーモアがある人で、

「俺か、俺意外か」といった名言に象徴される通り

ゴリゴリのナルシストとして自身のブランディングを徹底しています。

 

ちなみに女性に関しては

「俺のことが好きな女。そしてこれから俺のことを好きになる女」

この2種類に分類されるそうです。

 

そのくせ自身のお客様や他人へのリスペクトを怠らないから

キャラクターとして成立して人が付いていってるんでしょうね。

ローランド、カニ、前向き

 

私が気になったのは薄毛になることを恐れている人に対して

「俺に着いて来れねぇ髪の毛なんて逆に捨てちまえ」というお言葉。

お前の話ちゃうねんっていう笑

 

時系列はどちらが先かわからないんですが、

この人男性専門の脱毛サロン経営してて自身も全身脱毛してるんですよね。

必死についていこうとしてる足や顔の毛達をレーザーで根絶やしにするわけです。

ふるいにかけているにせよあまりにも無慈悲なのでは。

 

往年の本田選手とか押尾学とかビッグマウスとして有名ですが

この人が愛されるのはやっぱり根っこにユーモアセンスやリスペクトを

感じられるからなんでしょうね。

 

 

で、何の話するんだっけ

そうそう、飲食店のマニュアル作成の流れでしたね。

 

過去記事にも記載していますが、飲食店のマニュアルは

「新人採用時の教育ツール」をベースにして作成をした後に

必要に応じた詳細作業手順や専門的な知識を肉付けすべきだと考えています。

必ず必要となるであろう項目を列挙していきます。

 

①経営方針、お店のコンセプト、ターゲット顧客

ふわっとしがちな上記の内容を可視化してあげることによって

ある程度のイレギュラーに対応する材料を与えられます。

ここを怠ると自走できるスタッフが増えず、スタッフ間の摩擦も生じやすくなります。

 

例えば居酒屋のホールで動けるスタッフが1名しかいないときに

お会計とご来店が同時に発生したとしましょう。

お席が空いていてもCSを重視するならお会計が先ですよね。

ただし回転数が課題の店舗であれば新規のお客様のアテンドを優先することも十分に考えられます。

 

温かいものを温かいうちにご提供する重要性を強調することで

「お客様に話しかけられてしまって、、」というとんちんかんな言い訳を減らせます。

 

繰り返しになりますが、これらを発生ベースの注意、お説教でカバーしようとすると

モチベーションの低下、スタッフ間の摩擦を招きます。

あくまでも決まり事(マニュアル)として全スタッフで共有しましょう。

 

②業務内容

新人スタッフに何をしてもらいたいかを書き出します。

職種やポジションが多い場合はそれぞれについて作成する場合がありますが、

基本的には「一組のお客様のご来店からご退店までのサービスフロー」が分かりやすいです。

 

ここでの一番のコツが「8~9割のお客様に対して」型にはめられるフローをイメージすることです。

特殊なケースについてダラダラと書き連ねると大事な内容がボヤけるので注意してください。

必要に応じて開店業務フローやハンディ、POSレジの操作方法などを盛り込みます。

 

③ケーススタディ

これは必ずしも必要ではないですが、①でも触れている通り

自走できるスタッフをなるべく早く、多く作るためにお勧めしています。

きっちりとお断りすべきこと、お応えすべきことを明確にできればよいのですが

「ファーストオーダーで到底テーブルに乗りきらない量を頼まれたらどうしますか?」

「お子様が大きな声で店内を走り回っていたらどうしますか?」

このような内容は一度シーンを想定してもらって問いかけてみるのが良いでしょう。

 

④商品知識等

これは業態によってボリューム感も深度もかなり異なります。

既述の通りこれは新人スタッフへの教育ツールという目線で作るものなので

「ここからここまでは最低限必要な知識として身に着けてください。

この先はこの資料を見てお答えして、ゆくゆくは覚えるようにしてください。」

といったレイヤーに分けた組付けが有効なケースが多いです。

 

と、ここまで書くと「今まで作ってきたものは無駄だったのか・・」よ

落胆される方もいらっしゃるかもしれませんがそんなことはありません。ご安心を。

私がお手伝いさせていただいた飲食店のマニュアル作成においても

既存マニュアルを一部転用させていただいたケースも多数ございます。

 

なかなかこれだけ密度の濃いマニュアルを作成するのは大変だと思いますが

必ず店舗、会社にとっての財産となりますので挑戦してみてください。

 

ご相談等ございましたら以下アドレスまで

taira.nakamura@a-tempo.co.jp

ダーツバーで遊ぶということ

こんにちわたいらです。

 

ダーツって知ってます?

ちっちゃい矢を的に向けて投げてうぇーいってゆう遊びです。

「ダーツ フリー」の画像検索結果"

これがですね、結構楽しいんですよ。

とはいえ私は全然うまくないしガチガチにルールや歴史、技術について語る知識も経験も無い。

それを知りたいなら他行ってください笑

 

私がダーツについて書けること、書きたいことというのがですね、

まさにタイトルにある通り「ダーツバーで遊ぶということ」に対してイメージしてもらって

ダーツバーに一人で遊びに行ける猛者を量産したいという願い。大して無いけど笑

ダーツという遊びについてではなくてあくまで「ダーツバーで遊ぶということ」ここ重要。

 

仕事や学校帰りにフラーッと寄ってちょっと飲んでちょっと投げて

顔なじみでしがらみのないスタッフやお客さんとお話できるような場所って欲しくないですか?

 

これからしたいのは、これさえ弁えてれば今すぐ一人でダーツバーに行ける、って話。

弁えてなくてもいいんだけどその場合コミュ力とかがより要求されちゃうよって脅し。

 

まずダーツバーのタイプは大きく分けて3種類あります。

 

①投げ場タイプ

beeとかBAGUS、ネカフェ併設型とかがこれにあたります。

チェーン展開だから台数が多くてだいたいいつでも投げられる。

浅い時間は一人で投げ放題でコスパ良く練習したりできるんだけど

遅い時間に若者たちが二次会的な使い方をする場合も多いので

それ隣でやられるとしゅんってなります。

 

②うぇいうぇいタイプ

2~3台設置の店全体をコミュニティにしてくる、もしくはなってるタイプ。

スタッフが「一緒に投げましょうよ」とか客同士の対戦を斡旋して

盛り上げつつ負けテキとか煽ってくる。

このタイプはコミュ力もしくはダーツのどちらかに長けていないと

なかなか一人で行っても楽しめないかもしれないかもしれないです。

同性ペアとかだったら全然行ってみるのもアリだとと思います。

 

③しっぽりタイプ

一人デビューなら圧倒的にこのタイプがおすすめですね。

だいたいお客さんにせよスタッフにせよ投げられる人が何人かはいるから

そゆ人にいろいろ教われば良いと思います。挨拶とか技術とかマナーとかね。

 

②がノーゲストなら③みたいな顔になるし

③で盛り上がって参りましたら②みたいな顔になって参りますので

そこらへんはまぁタイミングもあります。はい。

 

どうしてもダーツに対する熱さとかお酒どれだけ好きかとかで

ツボってくるお店のタイプは変わって来ますし

たまたま最初に行ったときにダル絡みされたり逆に誰とも話せなかったりすると

あーお店間違えちゃったかなーってこともなるとは思います。

そこに必要な試行回数は常日頃どれほどの徳を積んでいるかに依存します。

 

元々私はたまーにやる程度だったのですが

ある日大して上手くもないいけ好かないヤツにボコボコのベロベロにされて

どっかで教えてもらいたいなー復讐したいなーって当時地元のダーツバーに

それはそれは勇気を振り絞って一人で行ってみたのが最初でした。

 

んでちょっとずつ常連さん達と仲良くさせてもらって

「今度あそこのダーツバー一緒に行ってみない?」みたいになって

他のお店主催のハウストーナメントとか出てみたりして

メーカー主催とか街おこし的なビッグトーナメントとか出たりして。

お知り合いもたくさんできてますます上手になりたくなったりして。

 

全然うまくならないんですけどね笑

line_1639600482145241 (002).jpg

 もう2年以上前になるけどMJっていう結構大きな大会で3位になった時の写真です。

めちゃくちゃ楽しかったし熱くなれたし投げすぎて手が上がらなくなりました。

同じ店から出た人達が後ろでたくさん応援してくれててそれに応えたかった。

大人になるとこんな経験なかなかできないと思います。 

ダーツしてるっていうと「おしゃれー」とか言われたりしますけど

ハッキリ言っておしゃれでもなんでもないですよ。

ただし「負けたくない」「上手くなりたい」とかシンプルに「お友達欲しい」とか

そういった適度な刺激を与えてくれるコンテンツとしてもってこいです。手軽だし。

 

なんか宣教師みたいな記事になっちゃいましたけど。

ミナサーンイッショニナゲマショ

 

でわでわ。

タピオカ屋さん開業シミュレーション@下北沢

こんにちわたいらです。

DSC_1077.png

アヒージョ作りました。

若干タイトルと違和感を感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが

私が個人撮影したものをすんなりブログにアップできるかどうかという壮大な社会実験です。

やっぱしスキレットとかココットとかで器そのものをチンチンにせんといかんな。

最後の方はタコやマッシュルームとローション相撲取ってる感覚でした。

 

さて!気を取り直して!

最近ちょっと飽和してる感はありますがしぶとい人気を誇るタピオカミルクティー。

地元の駅に4店舗もの専門点がしのぎを削ってそこそこ閑古鳥が鳴いております。

「自分、飲食のコンサルやってるっす」という方々には経験値で劣るかもしれませんが

多少なりとも飲食店のコンセプトメイクとか収支の見通し立てたりしてた私が

全力で下北沢でタピオカ屋さんで金儲けを試みるという前代未聞のこの企画!

なんと得意の見切り発車でサンプルのデータも何も無い丸腰からのスタート!

全部税別で想定してます。

 

①物件取得

本来は収支組んでから家賃や内外装工事にかけられる金額を逆算して

物件と折り合いをつけていくのが無難かとは思うんですが

なんとなくそれだとつまんないし日中人口が多くて個人的に馴染みのある下北沢でトライ。

 

まず目についたのがタピオカ屋の居抜き物件。

所在地世田谷区北沢2
最寄り駅

小田急本線・小田原線 下北沢 徒歩4分 (乗降者数:114,669人/日)

賃料 /坪単価41.8万円 / 46,914円 
面積m2・坪29.44m2 / 8.91坪 
造作譲渡料 / 前テナントタピオカ 
出店可能な飲食店の種類軽飲食向き 

 

坪単価がもうすんごい。そりゃ銀座西麻布とかと比べたらアレですけど。

下北沢、そこはおしゃれに憧れる人たちが集まるあまりおしゃれじゃない町。

サブカルのメッカ過ぎて富裕層の割合が三茶とかと比べてどうしても低いんですよね。

軽飲食向きどころかどう考えても軽飲食しかできません。

従って正しい表記は「テイクアウト軽飲食以外不可」。

居抜きでイニシャル抑えられるところは魅力ですが

なんで前のタピオカ屋は撤退したのかという理由を察してスッとタブを閉じる。

 

所在地世田谷区代沢5
最寄り駅

小田急本線・小田原線 下北沢 徒歩5分 (乗降者数:114,669人/日)

賃料 /坪単価19.82万円 / 24,409円 
面積m2・坪26.83m2 / 8.12坪 
造作譲渡料 / 前テナント相談 / テイクアウト店 
出店可能な飲食店の種類軽飲食向き 
こだわり条件 
備考カフェ・テイクアウト店最適
深夜営業不可 

 

んー、図面も立地も確認できておりませんがこんなもんでしょう。

極端においしい物件とかで話をしても現実味がないので(探すのがめんどくさいので)

ここら辺でハンマープライス。

 

②コンセプト・商品構成

ここが一番楽しくて肝要なところです。

タピオカミルクティーや言うとるやんけと思われるかもしれませんが

最近の傾向としてヨーグルトとかフルーツとか抹茶とかとのハイブリッドタピオカドリンクが

当たり前になってきています。

 

やはり個人で台湾の商人や怖い人に対抗するためにはコンセプトを尖らせる必要があります。

バリエーション増やすとロスが出るしオペレーションが煩雑になるので

ウバ茶葉100%の薄紅色したロイヤルミルクティーに純白のタピオカを放り込む!

これ一本で勝負してみようかと思うんです。

天にホイップクリームとフレッシュミントでも乗せようか。

バニラアイスとか沈んじゃうもんなぁ・・・シナモンだと好き嫌いあるし。

ロイヤルミルクティーってお金かかるし足早いとは思います。はい。

ウバ使えば多少赤くなるけど映えさせるにはちょっとだけ悪さが必要かもテヘペロ。

タピオカは本来色着いてないですがなんとか半透明じゃなくて白くしたいなぁ。

まぁそんなこんなで商品開発はできたとしましょう。

容器は下のレベル感にロゴ入れかフィルムを巻き付ける。

ニッチプラス(Niche plus)テイクアウト用 クリアカップ14オンス 420ml 専用フタ付(ドーム型リッド) 50セット 14D

③原価・販売価格設定

ざっくりですが

ロイヤルミルクティー250㎖ ⇒ 60円

容器等備消品 ⇒ 25円

タピオカ ⇒ 15円

ホイップクリーム+フレッシュミント ⇒ 10円

合計110円がおおよその原価として想定されます。

一般的にはこの半分くらいでしょうね。

「ここのタピオカミルクティーはちゃんと濃くて冷たい」

という商品力、ブランディングのためちょっと頑張っちゃいました。

それでも販売価格は500円。これならちょっと売れてくれても良いのでは。

 

③オペレーション・人件費

ここが最大の難所。どれだけ自分が店に出突っ張りになる覚悟があるかで数値暴れます。

ワンオペが可能なようにはしておかなくてはならないものの、

パフォーマンスとしてドヤ顔で牛乳で紅茶を落としてるところを見せたい。

とりあえずワンアイテムだし券売機は余裕で導入するとして

11:00~22:00をOPEN時間として設定しましょうかね。

前後30分ずつを足した12hアルバイトちゃんを1名張り付ける。

休日は+6hくらい見ておきましょうか。

足りないところは自分が出る。たぶん結構出ないとやばたにえん。

 

④売上予測

単価は決まっているので何杯売れるかだけが焦点となります。

私の過去のやり方で言うと、何杯売れるかというよりは

「何杯売らなきゃいけないか」を逆算して鉛筆を舐めます。

すっごい雑ですが広告費やイニシャルの回収を含め月50万円残さないといけないとしましょう。

 

というわけでこれまでの収支を月間でまとめてみます。

一日あたり平均x杯の販売とします。

もとい、やっぱりタピオカだからt杯にしましょう。

 

費用

 ¥200,000(賃料) +  @110 × t ×  30日(原価) +  @1,050 × 420h(人件費)

=¥641,000 + 3,300t

 

収入

 500t × 30日

 

∴ 15,000t - (¥641,000 + 3,300t) > ¥500,000 であればオッケ

  11,700t > ¥1,141,000

  t > 1,141,000 ÷ 11,700

  t > 97.5

 

あれ?意外とまともな数字に着地してしまった。

もっととんでもない無理ゲーになるかと思っていました。

タピオカミルクティーを1日AVG100杯売り続けることができれば

なんとか呼吸も食事も続けることができるようです。

 

多分大半のタピオカ屋さんは見た目を良くしてSNSでバズらせるけど

味やサービス、コンディションではお客様は決して満足していない。

「かわいー♡まぁ普通においしいけど△ヌルい△ストローでどうやってイチゴ食べるん?」

だからブームが一過性のものとなって2周目が遠のくケースが多いように思います。

また、プロでなくてもできるから運営にプロが介在しない。

 

ちゃんと原価をかけてあげてサービスレベルと商品コンディションを維持する。

全然簡単なことではないけれどリピート率に重きを置けばなんとかなるかもしれないという

予想だにしない結論が出てしまいました。

楽観的という表現はしたくないのですが、予期せぬトラブルが発生しない前提です。

だいたい予期せぬトラブルは起きるものだと思っておいた方が良いです。

 

また、美味しいものを出し続けてればお客様が利用し続けてくれるというのは幻想なので

落ちてきた時の対策を落ち始める前にイメージしておく必要はあります。

 

全然パクってもらって構わないですが失敗しても責任は負いかねます。

ただし成功した場合60%のインセンティブを申し受けますのであらかじめご承知おきください。

 

あーお店やりたいなー

でわでわ

香川県のオンラインゲーム規制条例

こんにちわたいらです。

(✿✪‿✪。)ノコンチャ♡ 

↑予測変換でこんなん出てきた。ナメてんのか

 

タイトルにございます通り今回は時事ネタです。

ざっくり言うと中高生に向けたソシャゲ依存症対策ですね。

※ 日本経済新聞より

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO54282250Q0A110C2LA0000/

 

はい、そうですか、そうですよね。

ピントがズレているとも思わないですし素案なんだからこんなもんだろう、と。

ただし一部の自治体で罰則規定を設けずユーザー向けの条例策定をする

やはりここに疑問は生じてきますよね。

 

おそらく社会問題となっているのは、中高生が睡眠時間を削ってひたすら

ソシャゲやりまくって授業中いびきかいたり引きこもりがちになったりすることでしょ?

難しいのが受動喫煙防止とかと違って悪者はおろか仮想敵すら設定しにくい点ですよね。

 

私自身も学生時代からやるときはやる男だったので()

スクエニ系ビッグタイトルとかモンハン、パズドラモンストまで

ある程度ドヤれるところまではやり込んでました。

現在に至るまで常に何かしらのゲームはそれなりの深度で続けています。

だってフラフラ飲み歩くより経済的で健康的なんですもの。

 

横道に逸れますけど、社会から見た中高生のあるべき姿ってどんなんでしょう。

お友達とニコニコ笑いながら登校してすれ違う人たちに挨拶して。

朝練したり友達とバカ話したり忘れてた宿題大慌てでやったり。

授業中は真面目に授業受けてお調子者がちょっとした笑いとって。

放課後は部活したり甘酸っぱい恋をしたりおうち帰ってお手伝いしたり。

 

たぶん多様性は認めつつもコミュニケーション能力勉学に勤しむ姿勢

あわよくば何かもうひとつ打ち込める何かにエネルギーをぶつける、とこんな感じかな。

知らんけど。

 

悪者は誰だって話にもどりましょう。

考えられるのは以下4名様 + 行政?

 

①スマホキャリア

リテラシーの低い中高生にネット閲覧やソシャゲのできるハイスペックな

モバイル端末を売りつけるとはなんたることか!けしからん!

 

②Google Play  &   Apple store

中毒性の高いソシャゲを中高生相手だろうがなんだろうが

ダウンロードを斡旋するこいつらが諸悪の根源だ!

 

③ゲーム開発者

お前ら絶対中高生をターゲットにしてるだろ!!大事な時期やねん!

もっと自由に時間を使えて自己抑制できる成人をターゲットにしろや!

 

④保護者

スマホやらPC買い与えたのはあんたらやろ!!

責任もって依存度をコントロールせんかい!

 

まぁどれもこれも説得力が無いんですが強いて言えばやっぱり④ですよね。

僕ら団塊の世代が生んだ愛の結晶はまぁまぁの割合で

夜中量販店やコンビニの前でたむろして煙をふかしていたわけで。

そんなんに比べればおうちでちこちこゲームさせといた方が安心という親の気持ちはわかるけど。

 

モンストなんかさ、中学高校を舞台にしたCM出しながらも

立ち上げた時に「一部有料コンテンツがあるため保護者の同意を・・」

みたいなポップアップ出しててなんだか滑稽でかわいそう。

 

で、結局のところは記事にある通り行政が保護者や学校と連携しながら

適切、適度なスマホ使用に向けフィルタリング等の施策を講じるってことになるのでしょう。

 

私のちょっとしたオリジナルな意見としては

中高生向けのゲームコンテンツのやり込み要素を減らすという処方箋。やや劇薬。

パチンコ・スロットの規制と似たような考え方ですよね。成人向けだけど。

1日60分までとかの制約を設けるまでもなく

1日60分やれば十分というゲーム設計にすれば良いのではないかと。

 

私の知っている多くのゲームは友達と一緒にやる60分とかのために

一人で毎日5時間とかのレベル上げ、素材集め、周回なんかがとっても大切だったりする。

 

ポータルサイト内部か外部かわかんないけど

パチンコ・スロットにおける保安通信協会みたいな検定機能を持たせる、と。

 

ちょっとぶっ飛んでるし私自身がそれを望むかというとそうでもないのですが

強制力を持たない条例というただの一部自治体からのお便りを発信するよりは

業界の自浄作用に期待しつつ改善が見込めなければ国の行政が動くというストーリーが

一応スマートなのかな、という気がします。

 

ソシャゲの開発とかグーグルに勤めてる友人もいるのでこのくらいにしておきます笑

でわでわ

ホテルレストランでの勤務経験

こんにちわたいらです。

 

先日のブログにも書いていますが

以前私はホテルレストランで現場勤務をしておりました

私の生業であるマニュアル作成がかなり困難な業態です。

どれだけ困難であるかをこれから書き連ねていきます。

 

業務内容としてはもちろんいろいろあるのですが、

私の場合はフロントで対応しきれないちょっと込み入った食事予約の内容調整とか

コース毎の喫食数をとりまとめて調理場に伝えることが大事な仕事でした。

もちろん現場が忙しいときには助っ人としてクルクル走り回っておりました。

 

それだけで仕事になるのかい?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが

これがなかなかのボリューム感とメンタル消耗戦なのです。

特定期間にブッフェを開催するのですがそれはまぁ多くの場合なんとかなります。

しかしメインはコース料理ですから。

百種類を超える食材を仕入れ、発注し、仕込むためにはできるだけ

正確に調理場へ伝える必要があったわけです。

 

3日前までとかで完全予約制にしとけば良いじゃない?って思うでしょ?

違うんですよ。ホテルだから宿泊は部屋さえ空いてれば当日まで予約可能なんですよ。

そこで食事はもう取れませんっていうのは単純な機会損失でありCS低下に直結するのです。

「懐石料理 イメージ」の画像検索結果"

 

で、どんなにマニュアル化して「食事予約は事前にお願いします」と伝えたところで

小団体などの場合は当日やっと顔合わせたりするケースが多いわけで

チェックインの際に「7名で18:30~ ○○コースをお願いしたいんですが」

とか始まるわけです。

 

フロントはこれがどういうことなのかある程度理解はしているので若干血の気が引きます。

「し、し、少々お、お待ちください。確認して参ります。。。」

と言って私のところへ着てお客様の要望を伝えるわけです。私は目を閉じ空を仰ぎます。

できるかできないか確認してお客様へ伝えるだけでしょ?ってなるじゃないですか。

そんなに簡単な話じゃないんですよ。

すぐ回答ができないので一度お部屋でお待ちいただき、10分程度で内線でお知らせする旨伝えます。

 

当日予約だろうがなんだろうがお断りすることは機会損失でありCS低下に直結するんですから。

言ってみればLOSE-LOSEですよね。

だから私は死ぬ気でとりあえず席を調整してこじ開けます。サービススタッフの目星を付けます。

場合によってはフロント支配人と調整してヘルプを要請します。

で、前のお客様次第だけれども19:30頃ならなんとか席を確保できたとします。

 

そして私は処刑台に上る。

 

震える手でシェフルームをノックして空けます。コンコンっと2回叩けばいいのですが

震えているのでドラムロールの要領で18回くらい叩くことになります。

「料理長、当日チェックインのお客様7名様が○○コースをご希望されています。」

「フザけたおせ!今からそんな数仕込めるわけねぇだろ!断れアホンダラ!」

そりゃあそうですよ。調理スタッフはできるだけロスが出ないよう最小限の食材を仕入れ、

最小限の人工で朝6時前から仕込みを行っているわけですから。

 

とはいえ私も売上とCSをみすみすと逃すわけにはいきませんよ。

「毎度すみません、宿泊予約とリコンファームの時点で食事のリコメンドは行ったお客様です。

ご無理を言って大変恐縮なのですが可能な範囲でなんとかご対応いただけないでしょうか。」

ロジカルに感情を揺さぶるという高度なテクニックです。

ちょっと表現を誤るとその場で3枚に下ろされる可能性があります。

私も数回ですが腸を掃除されるところまでいきました。

 

すると料理長は舌打ちをしながら2番手のところへ行って

「おい、当日の7名口○○コースだってよ。できるか?」と聞きます。

ちなみに多くのレストランにおいて料理長の「できるか?」は「やれ」ですから

「はい、わかりました。」からの調理場内各部署へ「新規で○○コース19:30~7名口!夜露死苦!!」

これでなんとか大まかには調理場のコンセンサスが得られました。

 

物語はまだまだ続きます。料理長のいないところで副料理長から声がかかります。

「おい、たいら、いい加減にしろよ? やっちまうぞコラ」と。

ちなみにこれは61.7%が冗談の残りが本気です。

 

当日予約ですので食材はあるものでしか対応できません。

webやお部屋入れのメニューと同じものが用意できないこともしばしば起こるので

その情報を収集した上でお部屋にご連絡します。

 

「△△様、ご希望の○○コースですがお席がご用意でき次第内線でお呼び出し致します。

大変恐れ入りますが19:30頃を目安にお部屋でお待ちいただけますでしょうか。」

 

ここで「はいわかりました」ならまだマシなんですが

「19:30はちょっと、、」とか「一人生もの食べられないんですよね、、」とか始まると

いよいよ泥沼です♡まぁそうならないためのテクニックは多数ありますが。

今回は「はいわかりました」だったとしましょうよ。

 

そっからフロント側に予約が受けられた旨を報告して、

レストランの配席をひっくり返して要員配置をして

仮に懐石なら八寸等の盛り込みが4-3なのか2-2-3なのかとか詳細確認して

デシャップに料理の変更内容を伝えてお品書きをプリントアウトして

改めて正式に調理場へ新規予約を通します。

 

副料理長に「先ほどの7名口通します」とウィスパーした上で調理場全体に轟き渡る声で

「当日ご新規です!19:30~ ○○コース7名様お願いいたします!

△△のお料理の内容変更ご了承いただいてます!」

すると調理場スタッフが人殺しの目、もしくは死んだ魚の目で「うぇーい」って返事します。

ちなみにこっちは57.2%が本気です。

 

 

この仕事、マニュアル化できますか?

ちなみに私は開業時からそのホテルで働いていて、

隙あらば調理場やフロントスタッフとコミュニケーションを取るよう心掛けていて、

大きなミスなく一定の信頼関係が築けていて上記のような煩雑さです。

 

当時の私は、この仕事が自分でなければできない事態を避けるべく

一応はマニュアルを作成し、後身育成を行いました。

自慢ですが私がその事業所から異動になった後も数年間使われていました。

さすがに今はどうかわかんないですが・・・

ただし基本的な作業手順と心構えのみで突発的なトラブルや複雑な予約に対しては脆弱でした。

 

ホテルレストラン以外の様々な業態や業種のマニュアル作成を経て思うことは

やはりこれだけ多くの人が絡む業務のマニュアル化は一筋縄ではいきません。

実績や人間関係値が業務内容や成果に大きく影響するからです。

 

だからこそ会社、事業所方針を礎としたマニュアルが必要であり、

分掌、職域の定義付けやトラブルシューティングに使える考え方を盛り込んだ

骨太なマニュアル作成が求められるのではないかと考えておる次第でございます。

 

はーい。そうでーす。めっちゃ手間かかりまーす。

めっちゃ時間かかりまーす。

ご相談まってまーす。

 

taira.nakamura@a-tempo.co.jp

ドレスコードについて

こんにちわたいらです。

 

成人の日の当日なのか振替なのか知りませんが

世間が休みらしいので休みっぽい過ごし方をしているたいらです。

 

唐突ですが私はアパレルが好きです。

ぞうさんはもっと好きです。

 

そこまで突拍子もない格好をしているつもりは本人はないですし

ええ大人なんやからTPOに合わせた違和感のない服をまとわなくてはいかんと思います。

ただし、「スマートカジュアル」のドレスコードとか結婚式二次会からならジーンズ履いてやります。

「ジーンズ ジャケット」の画像検索結果"

これは先日ふらっとロブションに立ち寄った時に盗撮されたものです嘘だけど。
勝手に盗用しといてなんですがブランド主張の強いバックルは避けますね笑
んでジャケットをチャコールの素材感ないものにして
一応ベルトと靴の色は合わせてシャツとジャケットのボタンを一つずつ閉めます。
このモデルさんは私よりちょっとだけ目鼻立ちが整っていて
手足が長くて身長が高くて直立二足歩行であることを除き別の生き物なので参考にはなりませんね。
なぜ載せたっつぅね。笑
 
 

ホテルレストランでの勤務経験もありますが、

ドレスコードって要するに「場所弁えて他人に不快感を与えないでください。」

というものであると私は解釈しています。

稀にパーティイベント的なもので「どこかにゴールド刺してくださいね」みたいなのもありますが。

そうゆうの大好き(照) おしゃれ試験されてるみたいでわくわくする。

 

ただしドレスコードとは自分だけのものさしであってはならないから

「お店、スタッフ、主役(いれば)問わず老若男女」を対象として考えて

「ちょっとオシャレに、ちょっとスタイリッシュに」見られるように気を付けましょう。

 

テロンテロンのスラックス履くくらいなら細身で落ち着いた色のデニムの方が素敵。

わけわからんネルシャツ着るくらいならジャストサイズのおろしたてカットソーの方が素敵。

手入れされてない革靴履くくらいなら小奇麗なスリッポンの方が素敵。

 

上記のような感覚を身に着けていないと「平服でお越しください」でパニックになったりする。

まぁあとは着方の問題もありますけどね。

年配の方がいらっしゃる場合とかだとやっぱり襟は折るべきだしシャツはパンツインすべきかな。

 

こんだけ偉そうに語っといてなんですが私は藤原ヒロシ世代のゴリゴリのストリート嗜好です。

また気が向いたらそのへんもダラダラ書いてみようと思います。

 

でわでわ

「メモ取れ」って言う先輩上司は優秀じゃない

こんにちわたいらです。

 

以前にも書いた通り私はマニュアル作成代行を生業としています。

つい先日ですがイタリアンのお店で、先輩スタッフが新人ぽいスタッフに向かって

「大丈夫?俺同じことは2回も3回も言わないけどメモんなくて平気?」

っていびってるところを目撃しました。

 

別に飲食に限らずともこんなこと言ってしょうもないマウント取ってくる小者はたくさんいます。

全てとはいいませんが、定期的に採用を行っているのであれば、

99.7357%くらいのケースで先輩か上司か会社に非があります。

メモを取る必要がないレベルの教育ツールを用意していないことを省みるべきです。

もちろんテキストベースだと有用性にかけるスキルは多くあります。

しかしながら手ぶらで「はーい今から教えまーす」はあまりに酷い。

「先輩によって言ってることが違う」という新人スタッフあるあるはここに起因します。

 

動画やOJTでなければ捗らないケースや教育内容は確かにたくさんあります。

ただし、「メモ取れ」って言うんなら事前にそれらをまとめておいてあげるのが

効率の良いスタッフ教育であり、教える側の義務ではないでしょうか。

 

もちろんあれですよ、教わる側も仁王立ちして後ろで手組んでたり

枝毛探してていいわけではないですよ。

話を聞くことに集中させるためにもメモを取らないで済む教育ツールほど質の高いマニュアルです。

 

一定割合の法人では実地教育を行うスタッフと採用を行うスタッフが異なります。

マニュアルの中身をノウハウとして持っているのが実地側、

マニュアルを作成する時間と事務スキルを持っているのが採用側、

さらには当たり前ですが会社としての経営方針を定めるのが経営層だったりするわけです。

 

いやぁ、マニュアル作るのってなかなか難しいですね。

お手伝いしますよ?デュフフ・・・

 

私の場合、経営方針を何かしらのデータで頂いた上で

実地スタッフの方にヒヤリングベースでマニュアルを一次作成、

担当の方にぶつけて赤入れ作業を進めていくという流れが多いです。

 

もしご相談等あれば下記まで♡

 

taira.nakamura@a-tempo.co.jp

Uber Eatsて何者よ?

そりゃ皆さんご存じだとは思いますけど。

ここ1、2年で急速に耳にするようになりましたよね。

 

先日行きつけのBARで酔っ払った妙齢の人妻が

ウーバーの便利さと悪態について同じ内容を永劫ループしていたので

消費者の傲慢さとウーバーの清々しいまでの責任放棄を永劫ループしたところです。

 

とはいえ私はウーバーの内情を何も知ってないしそもそも利用したこともない。

でも知人に配達側をやったヤツがいたり特にアンテナ張ってなくても

垂れ流されてる情報を元にまずは無知な自分をさらけ出します。

その後ネットで勉強して勘違いがあったら直そうかなっていう見切り発車。

 

まずは私の認識。(BEFORE)

①まぁまぁ高いけど配達が早い

②ウーバーはあくまで消費者と配達の仲介業務をしてるだけ

③アメリカのタクシー配送会社?が元だけど日本では白タクにあたるからとかなんとか・・

④立ち上げ時は配達する人にいっぱいお金払ってたけど今はゴリゴリ絞ってきて

まぁこんなとこですかね。ちょっとずつ掘り下げましょ。

 

①まぁまぁ高いけど配達が早い

たまに小型金庫みたいなランドセル背負ったロードバイクガチ勢が

ファストフード店でスマホいじってるのはセントラルドグマからの指令を待ってるっぽい。

商品受け取って購入者への片道移動の時間だけだからそりゃ早いわな。

ただマックデリバリーとかと違って間にウーバー本体かますから

配送料、手数料が乗っかってるというのにはある程度納得して使ってる人がいるのでしょう。

 

②ウーバーはあくまで消費者と配達の仲介業務をしてるだけ

ウーバーと配達者には雇用契約がないはず。配達者は個人事業主扱い。

「ハンバーガーがホットドッグみたいに潰れてんすけど」

と購入者が喚いたところで基本的には受け皿がない。

店側は「いやいやwwちゃんと渡したからwww」

配達者は「僕は渡されたもん運んできただけなんでねぇ」

ただ明白に店側に瑕疵が認められる場合は無料券みたいなんでお詫びするって聞いた。

 

③アメリカのタクシー配送会社?が元だけど日本では白タクにあたるからとかなんとか・・

うん、これはどうでも良い情報だったね。

ただ調べれば答えは出そうだから気が向いたらぼんやり答え合わせをしましょう。

私の通っていた予備校の講師がよく

「あいまいな知識なんてものはクソの役にも立たない」と言ってました。

まぁ受験に関して言えばそうだわな。あいまいな部分を選択肢で突いてくるわけですから。

 

ちなみにその講師がよく言っていた金言で

「英和辞典を持ち歩くのが思いというのなら受験なんてやめてしまえ」というのがあります。

電子辞書みたいなのが流行りだした頃だったと思います。

当時の電子辞書のクオリティが低かったからなのか、なんとなく気に食わなかったのか

そこらへんの真偽は定かではありませんが最近の受験生はどうなんでしょうね。

ジーニアスとか100冊分タブレットにでも入れられそうですけどね。

純度100%の脱線でした。

 

④立ち上げ時は配達する人にいっぱいお金払ってたけど今はゴリゴリ絞ってきて

おそらく消費者に対する広告よりもむしろ

「ウーバー、配達儲かるってよ」でマーケティングを図ったんでしょうね。

飽和するレベルを狙って配達者を駒として抱えておいて

「ウーバー、配達早いってよ」が広まっていったと。

認知度が十分になってきたところで報酬カット、配達者を適正な数にしていく、と。

 

で、総合的に私がウーバーに対して思うこと(before)は「賢い」「ずるい」「偉い」

「賢い」は単に④のマーケティング、バズ手法につきます。

「ずるい」は商品はおろか配達者のサービスに対しても責任を取らない点。

「偉い」は「ずるい」と表裏一体、日本の消費者至上主義に一石を投じたという側面。

1000円2000円の単価レベルでトラブルの責任負うつもりは毛頭ないという姿勢が潔い。

 

 

いやぁ、我ながらよく何も調べもせずにこんだけ書き連ねたもんです。

13分37秒だけネットで勉強してきます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・

 

勉強後の私の認識。(AFTER)

ウーバーのHPと配達者、利用者のツイッターまとめ記事やブログ見てきた。

うん、まぁ概ね間違ってないというか予想通りでした。

ただし①について予想以上に配達料は安くて配達者は儲からなさそうでした。

しかも飲食店舗は目の前のお客様を優先されるケースが多くて

配達者は飲食店舗でさんざん待たされた挙句に届け先で「おせーよ!!」って

怒鳴り散らかされてソウルジェムに穢れが溜まってゆく。

 

ぐちゃぐちゃになった商品画像がツイッターで出回ってたりするんですが、

二度と使わないという圧倒的自由があるんだから大した問題ではない。

一応サポートセンターみたいなところで返金対応するケースもあるみたいだし。

 

どうしても私は職務経歴上そちらよりの見解になってしまうかもですが、

チャリンコで寿司運んでんだから偏るのは当たり前じゃね?と思ってしまうです。

チャリンコで汁物運んでんだから専用の梱包じゃないと零れるよね?と思ってしまうです。

そもそもウーバーで料理を頼むということは

こらへん歩いてる暇そうな人に500円渡して「アンパン買って来いよ」てことなわけで。

配達者にモラルとかスキルとかを求めている時点で利用者のリテラシーに疑問を感じます。

横着せんと自分で買いに行けばええやんって思ってまう。

 

と、さんざんウーバー擁護派ぶっておきながら私は利用しません。

イートインより確実にコンディションが悪い商品を350円とかでパシるよりも

外食後にちょっとおいしいカフェラテでもすすった方が私にとっては合理的だから。

 

とはいえ今度一回くらい利用してみようかな、とは思います。

ある程度のスピードで、ある程度のコンディションで、ある程度の接遇だったらラッキー

くらいの感覚で。

 

ではでは

 

30代後半を迎えたおっさんの趣味(の触りだけ)

 こんにちわたいらです。

 

 

2020年1月現在ですね、私は父から事業承継した法人のドメインで

ブログを始めたわけです。まだ3本目だけど。

 

まぁ何のためにやっているかと言いますと

正直なところ承認欲求と販路拡大が主たる目的ではございます。

文章を書くことは元々好きな方なのですが

これまでサラリーマンしていた時には自分の経験や知識、考察など

全てにおいて表現の自由を自重して参りました。

 

別に被害者面するつもりも偉ぶるつもりも全くなくて、

極端な話込み入った仕事の話とか、極端に尖った考え方とかを

世界に向けて発信することはサラリーマンには無理です。

会社に迷惑をかける可能性があるから。

 

別にSNSに何かしらの飲み会の集合写真を上げることや

ラテアートとパンケーキの最強タッグをSNSに投稿することは全く問題ないですけど。

 

クッソつまらんくね?

 

たぶんですよ?僕の勝手な自己評価ですけれども

そこそこ大人ではあるはずなんですけど表現は尖ってるんです。

思想は特段尖ってないと思ってますけど。

 

だからブレーキを甘ぁぁぁく踏みながらとか半端なことはしたくなかったんで

読む用にSNSのアカウントとかは持ってたけど投稿してませんでした。

 

いやぁ、やっと書ける。しみじみ。

 

今はそうそうたどり着けない場所で書いてますが

そのうちもっと多くの方に読んでいただけるようにしていきたいな、と。

 

法人のドメインとはいえ書きたいことなんでも書いてくつもりです。

責任自分で負えるんでね。

 

パッと思いつくだけでも

音楽、服飾、YouTube、映画・アニメ、ソシャゲ、ダーツ、料理

このあたりは私個人の趣味として挙げられるかな、と。

 

加えて、時事ネタについて鋭く切り込めるような知識はないんですが

中途半端な知識で外野席から傍観実況してみたいなとは思っています。

この人はこんなこと言ってるしあの人はあの人であんなこと言ってるんだけど

実際のところアレなんじゃない?知らんけど笑

でも大概の人ってそんなもんでしょ。

無知を武器に時事ネタを俯瞰して共感を得る作戦。

 

日産の内輪ネタに検察の権力を野放しにしてきた政府が巻き込まれてる

みたいな構図なんかな、知らんけど笑

15億円の報酬の正当性が一番重要なんじゃないの?知らんけど笑

 

たいらスタイル。

裏側に迫ろうとする人が多いからパッと見が軽視される風潮に勝手に警鐘。

 

もうちょっとだけ踏み込んでみようかな。

ゴーンが偏向報道をしなさそうということで唯一会見会場への入室を許可したのがテレビ東京。

テレビ東京て笑

この時点では少し気持ちよかったんだけどさ、なんかせっかく入れてもらった記者が

「手続きを踏んだ出国ではないんだから違法という認識はありますか?」

みたいなこと聞いてたじゃない。ちょっと残念くなかった?

そこじゃねーんだよなぁみたいな。

絶対イキッたよねあの記者。あれならもっとトンチンカンな質問の方が面白かった。

七つの大罪第3期の作画崩壊について冒頭謝罪するとか。

 

いやもうキリが無いからこんくらいにしときますかね。

書いてるだけで面白いからこれがちゃんと認知されて

いろんなフィードバックもらえるようになったらもっと面白いだろうなぁ。

 

でわでわ

飲食店のマニュアル

 こんにちはたいらです。

今日は飲食店のマニュアルについて私の思いと考えを書いてみたいと思います。

 

ご存じの通り飲食店といっても業態は様々でして、

①飲食よりもむしろそこで働くスタッフや空間がコンテンツとなっているバー等

②いわゆるガストロノミー的なコース料理を提供するレストラン、料理店等

③上2つのどちらにも属さない大部分の飲食店(カフェ、居酒屋等)

マニュアル設計においてはこの3つに大分できると考えています。

無題.png

上の表は総務省統計局HPにある経済センサスからの抜粋です。

不慣れ過ぎてクラウド上のPDFデータを貼り付けるのに小一時間を要しました。

粗いのと縦横比がおかしいのは気づかなかったことにしてください。

 

数字を見ていていろいろと思うところはあるのですが

正社員が6人に1人しかいないというのは業界の特徴として挙げられます。

ということはですよ、6人に5人が形は違えど流動人員なわけですよ。

そりゃマニュアル大事でしょって話なわけですよ。

 

話を大筋に戻しますが、飲食店マニュアルの重要性はスタッフの入れ替わりの頻度に依存します

具体的にイメージするために先ほどの3つの大分類で考察してみましょう。

 

①飲食よりもむしろそこで働くスタッフや空間がコンテンツとなっているバー等

Q.マスターが一人でやっているオーセンティックバーでマニュアルが必要ですか?

A.絶対いらん

この業態はマニュアル導入が有効な業態がかなり限られてきます。

だってスタッフにお客様が付いているのだからその行動に制約をかけるのはリスキーです。

空間相手にマニュアルは作れないですしね笑 物件変えるか内装工事してください

ただし規模がある程度大きくてかつ先述の通りスタッフの入れ替わりが激しい場合は有効です。

いやむしろ必須です。ガールズバーとか行くと痛感します。

 

②いわゆるガストロノミー的なコース料理を提供するレストラン、料理店等

これが非常に難しい。

何が難しいかというと、お客様からの料理やサービスに対する期待値が高いため

マニュアルに高度な専門性を盛り込む必要が出てくるのです。

こと調理職に関して言ってしまえば限りなく無理に近いです。

修行という名のOJTを経ないことには一人前にはなり得ません。

だからといってマニュアルが不要ということにはならないわけでして

そこについては後に触れていきたいと思います。

 

③上2つのどちらにも属さない大部分の飲食店(カフェ、居酒屋等)

こちらについては既にチェーンオペレーション(≒マニュアル)を敷いている

中規模以上の飲食店が一定の割合を占めているでしょう。

そうでない場合は質の高いマニュアル作成によるスタッフスキルの底上げが売上に直結します

同じ方向を向くことでスタッフ同士の摩擦を未然に防止し、離職率の低下にも繋がります。

 

で、最終的に私がご提案したいことがですね、

飲食店のマニュアルは採用時の導入マニュアルを主軸に作成しましょう!!

ということなんです。

 

マニュアルの主目的はスタッフスキルの均質化(CSアップ)、生産性向上です。それらの達成には

・経営者が何を重んじどういったコンセプトで店舗を作ったのか

・安全衛生についてどういった水準で取り組んでいるのか

・どのレベルのスキルが最初から求められてどのレベルを目指して欲しいのか

こういった内容を間接的にでも採用時に伝えておく必要があります。

既存スタッフを主たる対象としてイメージすると上記のような重要なポイントが抜けがちです。

 

あくまでも採用研修的な場面で使用できるマニュアルでなくては有用性が乏しく形骸化します。

更なる専門的な知識やケーススタディ等が必要な場合そこに肉付けしていくのが良いでしょう。

忘れてはならないのが既存スタッフへの落とし込みです。

これがなかなか骨が折れるプロセスなのですが絶対に欠かしてはなりません。

 

と、思いつくままにとりあえず書いてみましたが我ながらなかなかの駄文ですね。

ちょっとずつしれーっと更新していくことになりそうですが

もしこれを読んで関心を持った方、相談してみたいと感じてくださった方は下記アドレスまで。

 

taira.nakamura@a-tempo.co.jp

 

ブログはじめました

はじめまして、たいらと申します。

 

2018年の年末からマニュアル作成を中核事業とした会社を始めた者です。

元々はホテルやレストランの運営会社に勤めておりまして

事業所単位の運営改善・業務効率化であったり、開発であったりと

社内異動含めそれはそれはいろいろなことに首を突っ込ませていただきました。

 

悪く言えば専門性が磨かれていないと感じられるかもしれませんが

誰かがぼんやり言っている、当たり前にやっていることを

他の誰かに伝える、残すための資料作りについては常に必要なスキルとして求められました。

 

それは漠然とした目標を数値化する作業であったり

ときには自分でも飲み込めてないことを資料にしてプレゼンしたり。

多くのサラリーマンが経験しているとても大事で無生産な仕事たちです。

 

そんな中でも最もやりがいを感じ自分の強みを活かせると思ったのがマニュアル作成

上場企業でなくとも一定規模以上の法人がだいたい作っているものですが、

運営者(プレイヤー)が断片的な手順書を作成しているケースが多いです。

 

それはそれで役に立つケースはもちろんありますが

1. 経営方針が反映されていないのでイレギュラー発生時等の判断基準が不明確

2. いろんな場所に格納されていてまとまりがない、リバイスされない

3. そもそも完成度が低くて新人教育等特定の用途にしか使用できない

などの理由から形骸化してしまっているケースも頻繁に見受けられます。

 

今後働き方改革や労働人口減少、またRPAやAIの台頭といった動きが加速していく中

今どのようにして働いているのかを可視化・分析することは生産性向上において不可欠です。

 

もちろん業種や業態、規模によってマニュアルのあるべき姿は変わってきますが

サービス業等の人を相手にするお仕事のマニュアル化は一筋縄ではいきません。

 

特にそういった方々を対象としたマニュアル作成のお手伝いをしたくて

いい歳こいて一念発起、会社を作るに至った次第でございます。

 

このブログでは僭越ではございますが私の経験談であったりノウハウであったりを

小出しにしつつも、しょうもない話も徒然なるままに書いていこうと思っています。

 

こんなどこの馬の骨かもわからん一発目のブログを読んでくださった

神様みたいな貴方に誓って週に2本以上の投稿を継続することを誓います。

 

2020年 ちょっと遅いけど謹賀新年

メインページ | アーカイブ | 2020年2月 »

このページのトップへ