HOME > たいらブログ > 趣味・不真面目な記事 > カラオケの採点機能

カラオケの採点機能

こんにちわたいらです。

先日店舗対抗のカラオケバトルでブッかましてきました。

DSTAND.jpg

 

ちょっと画像が粗いのはご愛敬です。

 

で、カラオケで対決となるとどうしても採点機能を使うことになるわけです。

はい、めちゃくちゃ嫌いなんですよね、あれ。

 

100歩譲ってオリジナルの音源ベースで再現性を採点してるならまだ良い。

だがしかしヤツは他人が歌を楽譜に落とし込んだデータをベースにしてきやがる。

オルゴールをマイク取りしたらそれなりの点数出るんジャマイカ。知らんけど。

 

もちろんメーカーも企業努力の末、試行錯誤した挙句に

シャクりとかビブラートとかフォールを技術として拾ってくれるやつもある。

でもそれをポイントとして拾うのは何処の馬の骨ともわからん奴が

やっつけ仕事で楽譜に落とし込んだデータに他なりません。

 

歌が上手な人でちゃんと点数がでる人はたくさんいる。

それは余計なことしない人。楽器のように音を丁寧に置きに行く人。

決してそういう人を否定する気は毛頭ございません。

たぶん吉田美和とか、BUMPのフジくんとか、米津とかは点数高いひと。

ワンオクTAKAとか玉置浩二とかミスチル桜井さんとかは意外と取れないひと。知らんけど。

 

上みたいなレジェンド達と比較するのはおこがましいですが、

当日は私ともう一人、特殊な訓練を積んだニューハーフを溺愛するボーカリストKがおりまして。

楽器隊の中で歌うということは楽器に埋もれることなく調和しなくてはならないわけでして。

もちろんいろんなジャンルやスタイルがありますが私もKも

オーディエンスに向かって顔面パイを投げつけるスタイルの歌い手でして。

独自の表現で歌うことを愛するあまりに全っ然点数取れんわけでして。

 

結果から言うとそれでもド楽勝でしたけどね(ドヤ

でも私もKも点数面では足を引っ張らなかっただけみたいな感じでしたね。

 

「歌が上手」という最大公約数的な評価より

好きで聞いてくれる人の毛穴を開くことに注力(全身、特に背中)して参りました。

①ココイチの声量を強調するためにAメロのピッチを微妙に下げたり息多めで表現する

②エッジボイス含めて声に歪みや倍音の要素を含ませる

③ちょっとモタってる走ってるかと思いきや次のスネアでバチっと合わせる

④マイクを30㎝以上離して生音メインで届ける

このような命懸けで培ってきた魂が「ヘタクソ」として切り捨てられる。

 

かなC

 

不特定多数の前で歌うんだから最大公約数的な歌い手にPretenderしろと思われるかもしれません。

それは出来んのじゃ。書いてあるやろ。命懸けで培ってきた魂なんじゃ。

 

気持ちよく歌って点数が下振れしにくい選曲としては

あいみょん、イエモン、RADWIMPS あたりですかね。

まぁ間取ったところで大して気持ちよくないし大した点数が出るわけでもないので

次回も性懲りもなく振りかぶって顔面パイを投げつけてこようかと思います♡

米津歌って「じょうず~」って言われたところで私の魂の傷跡は癒えない。

たまに歌うんだけど笑

 

でわでわ

 

 

 

カテゴリ:

< 営業職のマニュアル作成  |  一覧へ戻る  |  言われやすい属性の人と対処法 >

このページのトップへ